プリトヴィッツェ

クロアチア

地球上に散らばる 奇跡の 絶景・秘境

Plitvice Lakes

クロアチアとボスニア・ヘルツェゴビナとの国境近くにある国立自然公園「プリトヴィッツェ湖群国立公園(Plitvice Lakes Municipality)」は、広大な森の中を大小16の湖と92の滝が連なる世界でも例をみない美しい景観を見せてくれます。湖水にはミネラルや有機物が多く含まれ、時間を追うごとにエメラルドグリーン色やコバルトブルー色など、絶え間なく変化していきます。そしてそこに流れ落ちる滝の白い水煙のコントラストが一層の華やかさを際立たせてくれています。

公園内はブナやモミなどの原生林に覆われ、野生の動物や希少な鳥類などが多く生息しています。その貴重な生態系を壊すことのないよう配慮されたハイキングコースが設けられ、この絶景をゆっくりと堪能することができます。

一時はクロアチア紛争により危機遺産に登録されましたが、1997年に登録除外となって以降、政府主体でこれらの素晴らしい景観と環境保護のため、園内の遊覧船やバスなどはすべて電動のエコ仕様になっています。

シーズン

ベストシーズンは緑が深まる夏から紅葉の秋。冬季は雪で覆われるため、エントランス2や上湖など一部が閉鎖されたり、上湖行きの遊覧船やパノラマ列車が予告なく運休されることがあります。

行き方

クロアチアの首都ザグレブ(Zagreb)までの日本からの直行便はありません。ヨーロッパの主要都市での乗り継ぎ便を利用しておよそ16時間。ザグレブからプリトヴィッツェまでは車でおよそ3時間。本数は少ないもののバスも出ています。

その他見所

​プリトヴィッツェ湖群国立公園から車でおよそ4時間のスプリト(Split)には、ローマ帝国時代の建造物として世界遺産に登録されている「ディオクレティアヌス宮殿」があります。城壁で囲まれた旧市街地の宮殿跡は、回廊など要所要所をかつてのまま使用し、いにしえをしのばせてくれます。

旅のテクニック

標高が高いため、遊覧船乗車時には肌寒く感じることもあります。秋季には霧が発生することもあり、ウィンドブレーカーなどの上着があると安心です。また園内は広く、ハイキングコースも階段が多いため、お子さま連れの方はベビーカーでの移動が厳しい箇所があります。