ナミブ砂漠

ナミビア

地球上に散らばる 奇跡の 絶景・秘境

ナミブ砂漠(Namib Desert)

およそ8,000万年前に生まれた世界で最も古い砂漠「ナミブ砂漠(Namib Desert)」は、北はナミビアとアンゴラの国境付近から南は南アフリカ共和国北端にまで及び、南北1,288km、東西は48kmから161km、総面積およそ5万km²にわたる大砂漠。「ナミブ」とは、そこで暮らすサン人の言葉で「何もない」という意味ですが、近年、各種の研究を行う研究者が世界各地から集まり、調査研究活動を行った結果、およそ4,500万年前の琥珀の中に閉じ込められた化石として知られる昆虫グラディエーター( Gladiator)が、この地で生存しているのが発見され、貴重な自然遺産として世界遺産に登録されています。

ナミブ砂漠で最も有名な場所は、砂漠の奥地ソススフレイ(Sossusvlei)。そこはデッドフレイ(Deadvlei/死の谷)と呼ばれる500年前までは湖だった場所で、今はひび割れた干ばつ地帯が広がっています。様々な種類の枯れた立ち木がミイラのようにそのままの姿で散在していて、いかにも死の谷らしい風景を目にする事ができます。また、ソススフレイには、ごくまれに幻の湖が現れます。雨季に降り注いだ雨が地下の水脈を通り、砂漠のくぼ地に湖を形成します。水は砂漠の気候とは正反対の冷たさを保っており、水浴びをすることも可能。ただ、この湖を目にすることができた人はごくまれで、奇跡の湖と呼ばれています。

シーズン

ベストシーズンは、4月~6月。亜熱帯気候であるナミブ砂漠において、日中の平均気温が25度前後と比較的すごしやすい。ただ砂漠の夜は気温が下がるため長袖や上着があると安心です。

行き方

最寄り空港は、ウィンドフック・ホセア・クタコ国際空港。日本からの直行便はなく、アジアかヨーロッパの都市経由で南アフリカのヨハネスブルグに向かい、乗り継ぎ。所要時間は、香港経由でおよそ25時間。ウィントフックからナミブ砂漠までは車でおよそ4時間。

その他見所

​ナミビアの首都ウィントフックは、砂漠のイメージとは真逆の大都市。およそ30万人が暮らし、教会や美術館など、かつてドイツ領だった名残である中世ドイツ風の建造物が多数点在しています。また、ショッピングモールやレストランなどの設備も、大変充実しています。

旅のテクニック

フォトジェニックなナミブ砂。中でも「デューン45(Dune45)」と呼ばれる場所は、「世界一きれいな砂漠」と称される必見の地。近くまで車で行くことができます。