​ミルフォードサウンド

ニュージーランド

地球上に散らばる 奇跡の 絶景・秘境

Milford Sound

ニュージーランド南島の南端にある世界遺産「テ・ワヒポウナム」の大部分を占める「フィヨルドランド国立公園(Fiordland National Park)」。その名が示す通り、公園内には氷河期に形成されたフィヨルドが大小合わせて14個、存在します。中でも「ミルフォード・サウンド(Milford Sound)」は、海水面から直接そそり立つ山として世界第二位の高さを誇るマイターピーク(標高1,800m)を有し、ニュージーランドを象徴する景色としてガイドブックやポストカードなどで多く用いられているため、別格の認知と人気があります。

ミルフォードサウンドのフィヨルドは、タスマン海の海岸線に立ち並ぶむ山々の抱く氷河が長い歳月をかけて自身の岩肌をほぼ垂直に削りながら海水に入り込むことでできあがりました。その範囲は海岸線だけでなく、15km内陸まで続いており、とても壮観です。特に雨上がりにできる無数の一時的な滝「カスケード」は、雄大な風景をいっそう迫力あるものにしてくれます。

この景観を楽しむには、標高1,800mのマイター・ピークの凛々しい姿や豪快に落下するボーウェン滝、岩場で休息するアザラシの姿などを間近で見れるクルーズが一般的。ですが、ニュージーランドと言えばグレートウォーク。世界一美しい散歩道として有名なミルフォードトラックを歩みながら、大自然を満喫するのもいいでしょう。

シーズン

ベストシーズンは、季節の花々で彩られる12~3月。雨量は多くなりますが、ミルフォードサウンドの絶景を楽しむには晴天より雨天が好まれています。

行き方

最寄り空港は、クイーンズタウン空港(Queenstown Airport)。日本からの直行便はなく、ニュージーランドのオークランドやクライストチャーチまたはオーストラリアのシドニーやメルボルン、ゴールドコーストなどで乗り継ぎ。ミルフォードサウンドまでは、車でおよそ5時間。

その他見所

​ミルフォードサウンド観光の拠点クイーンズタウンと言えば、バンジージャンプ発祥の地。バヌアツの儀式に影響を受けたニュージーランド出身のA. J. ハケット氏が、一般人向けのエクストリームスポーツとして改良・開発。その一番初めのジャンプ地とされるカワラウ橋からのジャンプは今でも健在です。

旅のテクニック

ミルフォードサウンドにはガソリンスタンドがありません。レンタカーで行かれる人は途中のテアナウという町で満タンにするようにしましょう。