ミハスのひまわり畑

スペイン

地球上に散らばる 奇跡の 絶景・秘境

Mijas

スペインのアンダルシア地方にある白い村「ミハス(Mijas)」。村のシンボルである真っ白い壁の家が標高450mの山の斜面にぎっしりと立ち並び、その壁面はたくさんの花やカラフルな陶器で飾られています。そんな南スペイン独特の愛らしい景観に魅せられた外国からの観光客で街はいつでも賑わっています。

ミハスは大変小さな村で、歩いても1時間ほどで散策できます。ただ坂が多いので名物のロバタクシーや馬車に乗るのも良いでしょう。ロバタクシーは、カラフルな刺繍で飾られたロバに直接乗ることができる他、ロバの引くカートに乗ってご案内いただけます。

その街並みから少し離れた郊外へ向かうと、見渡す限り一面に咲き誇るひまわり畑があります。スペインと言えばひまわりですが、中でもミハスのあるアンダルシア地方には多くのひまわり畑があり、初夏の風物詩として今や観光の目的のひとつとなっています。

シーズン

例年の開花時期は6月。アンダルシア地方は日差しが強く、開花期間はほんの1~2週間程度と言われています。開花の時期はその年の天気や気温の上がり方にかなり左右されますので、最新の情報をこまめにチェックしましょう。

行き方

最寄り空港はマラガ=コスタ・デル・ソル(パブロ・ルイス・ピカソ)空港。日本からの直行便はなく、スペイン・マドリードまたはヨーロッパ各地からの乗り継ぎが一般的です。マラガからミハスまでは車でおよそ1時間半。

その他見所

​ミハス観光の起点マラガの街は、世界的に有名な画家パブロ・ピカソの生誕の地。16世紀に建てられたブエナビスタ宮殿内にはピカソ美術館があり、およそ300点の作品が鑑賞できます。

旅のテクニック

アンダルシア地方は年間の日照日が300日以上というほど強い日射しの地域で、6月でもかなり暑く、ひまわり畑観光は午前中に行くのがおすすめです。そして観光の際には日焼け対策や虫よけスプレーがあると安心です。念のため蜂が好きな黒色や赤色、黄色、白色の服は避けた方が無難です。またほとんどが私有地のため、畑の中に入るのは止めましょう。