メープル街道

カナダ

地球上に散らばる 奇跡の 絶景・秘境

Heritage Highway

カナダ東部のナイアガラ地域からケベック・シティー(Quebec City)へと続く全長およそ800kmにもおよぶ観光ルート「メープル街道」。秋になると、その沿道に立ち並ぶカエデの木(Maple Tree)が一斉に紅葉し、とても美しい光景を見せてくれることから、世界中の観光客の人気スポットになっています。

 

秋に沿道の紅葉を眺めながらのドライブももちろんですが、その最南端にある世界三大瀑布のひとつナイアガラの滝(Niagara Falls)を筆頭に、サウザンド諸島(Thousand Islands)やローレンシャン高原(Laurentian mountains)などの絶景や、石造りの町並みが美しく「北米のパリ」とも称されるモントリオール(Montreal)や世界遺産にも登録されたメープル街道の北端にあるケベック・シティーなどの文化的な遺産が多く存在します。それらをじっくりと観光しながら進みましょう。

ちなみにメープル街道の紅葉は9月下旬ごろから街道の中でもっとも標高の高いローレンシャン高原で始まり、ケベックシティ、モントリオール、オタワ、トロント、ナイアガラという順番で続きます。一番遅いナイアガラ地域の紅葉は、例年10月中旬ごろになります。

シーズン

紅葉の見ごろは9月下旬~10月上旬にかけて。ただひと口にメープル街道と言っても、都市や場所によって紅葉の時期に多少ズレがあります。また年によって紅葉の時期も変わりますので、情報はこまめにチェックしましょう。気候は日本の秋よりも寒いので、冬の服装をおすすめします。

行き方

メープル街道は広大なためどの都市を起点にするかにもよりますが、起点をトロントにするならば日本からの直行便でおよそ12時間。

その他見所

​メイプル街道の観光には車が一般的ですが、VIA鉄道のコリドー号がほぼ並行して走っています。どこまでも続く紅葉を車窓から眺める鉄道の旅も、大変味わい深いものがあります。

旅のテクニック

旅の良い思い出に、ヨーロッパの古城を想わせるような気品溢れる外観をしたシャトーホテルに滞在してはいかがでしょうか?中でも、世界遺産にも指定され、ヨーロッパ風の古い街並みを持つケベック・シティは、北米唯一の城郭都市。古き良き雰囲気を味わいながら、美しい古都を散策してみましょう。