バレンシアの火祭り

絶対行くべき世界の 体験・お祭り

スペイン

Las Fallas de San Jose

スペイン・バレンシア

3月15日から19日

お祭りの特徴

スペイン3大祭りのひとつバレンシアの「サン・ホセの火祭り」。街にはおよそ700体と言われる数の時の人や時事問題をモチーフにした張り子の人形が飾られます。期間中は、朝8時から「ラ・デスペルタ」と言うブラスバンド隊の行進と、それに続く「ファジェール」と呼ばれるお祭りの地区代表たちによる爆竹投げが行われ、大層賑やかな1日の始まりとなります。日中も花火や爆竹の音は鳴り響き、最終日にはすべてを燃やすためのたいまつを掲げたパレードが行われ、文字通り壮大な火に包まれる終焉を迎えます。

お祭りの歴史

「サン・ホセ(聖ヨセフ)」とは労働者の守護聖人で、祭り最終日にあたる3月19日は「サン・ホセの日」にあたります。ちょうどその時期は昔から大工職人が古道具やかんな屑を燃やす時期。それと「サン・ホセの日」に軒先に人形を飾る習慣が組み合わさり、19世紀末から始まったコンテストの影響もあって、飾られる人形は芸術性を帯び始め、今日に至ります。ちなみにこのコンテストに優勝した1体を除き、残りの人形は最終日にすべて焼かれてしまいます。

パレード

期間中、大なり小なり多数のパレードが見受けられますが、中でも17~18日にかけて行われる、中世のお姫様のように着飾った女性たち「ファリェーラ」のパレード「ロフレーナ・デ・フロールス」は壮観。各地区から花束をたずさえたファリェーラ達が、ビルヘン広場に設置された聖母マリア像まで献花しに列をつくります。何せバルセロナ中の女性たちが向かいますから、その列は2日間絶えることなく見ごたえがあります。

旅行者の参加

パレードには参加できませんが、期間中はイベントも多く、やることなすこと派手で大規模なので見ているだけでも十分楽しめます。

準備するもの

祭りが行われる3月中旬は、日中は暖かい日が続いたとしても、朝晩は気温が下がり、その寒暖差が10度以上になることもありますので、上着があると安心です。

現地の楽しみ方

■歴代の優勝した人形を展示する「火祭り博物館」

火祭りに欠かせない張り子の人形たち。バレンシアにはそれ専門の人形アーティストが存在し、髪の毛1本1本にまで気を配り、芸術性や独創性を競い合っています。しかも期間中行われる人気投票で1番のもの以外はすべて焼かれてしまいますので、気合の入れ方も半端ではありません。そんな中栄えある最優秀作品に選ばれたものは、市内にある「火祭り博物館」で大切に保管・展示されます。その年々の世相が反映されているので、見比べてみると面白いですよ。

■花火と爆竹の華麗なる轟音ショー

期間中、毎晩12時を過ぎると「トゥリア公園(元川底)」では夜空を彩る花火ショー「ラ・ニト・デル・フォック(La Nit del Foc)」が開催されます。日本の花火と違って、赤色や青色、黄色などの光の弧が何ともエキゾチック。連続爆竹も加えて、迫力満点の花火大会です。

■バレンシア特有の爆竹ショー

期間中ほとんど絶えることがないと言っても過言ではない爆竹の音。もちろん盛り上げるために使用されることもありますが、こちらでは「マスクレタ」と呼ばれる破裂音が調合された連発式爆竹の腕も競い合っています。毎日14時の鐘が鳴り、市長の掛け声とともに各地区の特設会場で点火されます。そうして最終日の祭りのフィナーレを飾る「マスクレタ」をかけて、戦いの火ぶたが切って落とされるのです。

■光と音のイルミネーションショー

期間中に夜の街を彩るのは花火ばかりではありません。スエカ通り、クバ通り、プエルトゥ・リク通りなど市内の通りでは、精巧な技が施されたイルミネーションも登場します。それぞれの通りに飾られる張り子の人形たちをもうまく取り込み、昼間とはまた違った表情を見せてくれます。

■バレンシアの食文化

お祭りと言えば屋台ですが、ここバレンシアはパエリア発祥の地。当然、大きなパエリア鍋も見られます。そして「チュロス・コン・チョコラテ」。日本でもおなじみのチュロスも実はスペインが発祥。こちらでは「揚げたてのチュロス×ホットチョコレート」が定番の食べ方になっています。チュロス自体は甘くないので、朝食やお酒のしめに食べたりもします。