​キーウェスト

世界の 美しい街・絶景の街

​アメリカ合衆国

 Key West

アメリカ本土で最南端の楽園「キーウエスト」。大海原を全長およそ10.887kmの「セブンマイル・ブリッジ」で本土とキーズ諸島を結ぶ奇跡の景観はあまりにも有名です。人生でもっとも爽快なドライブになること間違いなしの解放感あふれるこの橋は、やっぱり車で行くのが1番。US1(国道1号線)のマイルマーカー0の標識は、人気の撮影ポイントです。

フロリダ半島の最南端のマイアミよりキューバのハバナに近く、その町並みはキューバの影響を色濃く映して、すべてがとってもカラフル。時間の流れもゆったりしていて、とても大らかな気分になれます。町にはキューバ料理の店も多く並び、独特の雰囲気があります。

行き方

最寄り空港は、キーウエスト空港(Key West International Airport)。日本からの直行はなく、マイアミやオーランドなどのアメリカの都市で乗り継ぎ。マイアミからは車でおよそ3時間。

ベストシーズン

ベストシーズンは、温暖で海の穏やかな5月。6~11月後半まではハリケーンシーズンにあたりますので、行かれる方は最新の情報をこまめにチェックしてください。

現地の楽しみ方

■町の目抜き通り「デュバル・ストリート」

キーウエストで一番の繁華街で、通り沿いにはレストランやバー、おみやげもの屋などが軒を並べます。かのヘミングウェイが毎日のように通ったと言われる「スロッピー・ジョーズ・バー」があるのもこの通りで、昼間だけでなく遅くまで賑やか。毎日開催される「サンセット・セレブレーション」で気分が高まった観光客が、こぞって流れ込み盛り上がるのでキーウエストの夜はとても長く感じられます。

■ヘミングウェイの家

アメリカ出身の世界の文豪「アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ」が壮年期を過ごしたキーウエストの家は、現在、博物館として公開されています。猫好きで知られるヘミングウェイの飼い猫の直系の子孫が、アメリカ農務省の特別許可のもと、今でも暮らしています。この「幸運の猫」に会うだけでも価値があります。

■キーウエストのアクティビティ

キーウエストでは透明度の高い美しい海でのシュノーケリングやダイビング、スポーツフィッシングはもちろん、ジェットスキーを自分で運転しながらキーウェストの島を一周することもできます。気になるポイントでジェットスキーを止め、潜ったり泳いだりできるシングルライドも可能です。昼間大いに遊んだ後は、サンセットクルーズでのんびり。水平線の向こうに沈む夕日は格別です。

■キーウエストの宿泊

アメリカきってのリゾート地ですので、オールドタウンやビーチ沿いには豪華なホテルから手ごろなB&Bやコンドミニアムなどたくさんあります。そんな中、キャンプ場でのんびりという方も少なくありません。夜は星がキレイなので、寝っころがりながら星を鑑賞するのもロマンチックですね。

■キーウエストの食文化

何と言ってもシーフードは絶品の美味しさ。弾力が強くプリップリのロブスターはキーウエストならでは。レストランばかりでなく、屋台で気軽に食べられるロブスターロールも人気です。また南国ならではのドリンク「ココナッツジュース」も、とれたてのココナッツに直接ストローを刺して飲みたい!が、難なく叶います。飲み終わったココナッツの殻は「ココナッツオンリー」と書かれた専用ゴミ箱に捨てましょう。