​支笏湖  /  千歳市

日本の景色 100選

北海道

北海道  千歳市  支笏湖

(Shikotsu Ko)

北海道がほこる「摩周湖(Masyu Ko)」と1位、2位を争う透明度の高さで人気の「支笏湖」。つねに霧で覆われている「摩周湖」と違い、1年を通して霧がかかることのほぼない「支笏湖」は、いつでもその鏡面のような湖水を楽しむことができます。秀峰に囲まれた湖水は穏やかで冬でも凍ることのない不凍湖としては日本で最北。春の新緑、夏のキャンプ、秋の紅葉、そして冬の氷濤(ひょうとう)まつりと四季折々のアクティビティが可能な観光スポットです。

ベストシーズン

ベストシーズンは、新緑の映える初夏。湖面が見事なエメラルドグリーン色に染まります。真夏は枝葉が邪魔をして展望台からは見えづらくなります。その分、紅葉は素晴らしく秋もおすすめ。冬季は雪のため通行止めとなり、解除されるのは例年ゴールデンウイーク辺りです。

行き方

最寄り空港は新千歳空港。支笏湖まではJR千歳駅からリムジンバスでおよそ50分です。

現地の楽しみ方

■支笏湖・水上遊覧船

支笏湖の美しい湖水を堪能するには、やはり遊覧船が一番。支笏湖の湖中にはおよそ4万年前の火山活動でできたと言われる「柱状節理」があります。この水に沈んだ原始の自然の姿を見られるのも支笏湖の透明度があってこそ。またカルデラ湖特有の水深が急激に深くなるところで水の色がコバルトブルーから一気にエメラルドグリーンへと変化するさまは、息をのむ瞬間です。

■美笛キャンプ場(Bifue Kyanpujo)

支笏湖は恵庭岳や風不死岳、樽前山などの山々に囲まれ、周辺にはシマリスやキタキツネなど野生動物が生息する非常に豊かな自然が数多く残っています。中でも「美笛キャンプ場」周辺には太古から続く大自然があり、真の支笏湖の姿を確認することができます。

■支笏湖温泉

遊覧船の発着所がある「支笏湖温泉街」。飲食店やおみやげもの屋なども多く、多くの方が旅の拠点にされています。中でも「丸駒温泉(Marukoma Onsen)」は開湯が大正4年(1915年)と、最も古い歴史を持ちます。泉質は美肌の湯として知られる重曹泉、含土類・石膏-食塩泉です。

■氷濤まつり

支笏湖の湖水をスプリンクラーで吹き付け凍らせた、大小様々な氷のオブジェが立ち並ぶ「氷濤まつり」。透明度の高いナチュラルブルーの湖面が、色とりどりのライトに照らされ幻想的な景色を見せてくれます。期間中は、花火大会や氷濤ウエディングなどたくさんの楽しい行事が開催されます。泉質の異なる良質の温泉に恵まれている厳冬のホットスポット「支笏湖」をぜひ体験しみてください。開催期間は例年1月末~2月中旬までです。

■ご当地グルメ

例年6~8月の解禁期間に合わせて、支笏湖で養殖される料理が堪能できます。鮭にも似た赤身はくせがなく、さっぱりとした味わいで、お刺身にしても姿焼きにしても美味。採卵後のヒメマス(アキヒメ)をフレークにしてご飯と混ぜ、地元産の新鮮野菜と盛り合わせた「支笏湖アキヒメ温玉ライス」は絶品です。

■体験アクティビティ

美しいブルーの湖面を持つ支笏湖を眺めるだけではもの足りないという方は、ダイビングに挑戦してみてはいかがでしょうか?透明度の高い水中はまるで空を飛んでいるかのよう。日本国内では珍しい「淡水ダイビング」を現地インストラクターがご案内します。

​※観光局・お問合せ先

支笏湖温泉旅館組合:0123-25-2201