ブロンド祭り

絶対行くべき世界の 体験・お祭り

ラトビア

Go Blonde

ラトビア・リガ

5月31日(ラトビア・ブロンドの日)

お祭りの特徴

ファッションモデルのイングナ・ブターネやギンタ・ラピーナなどブロンド美人の多い「ラトビア」。そんなブロンド美人が主にピンクの衣装をまとって首都リーガの街を闊歩するお祭りです。「マリリン・モンローそっくりさんコンテスト」など、ブロンドを使ったイベントも盛りだくさん。毎年新しいイベントがプラスされ、どんどん楽しく進化しているお祭りです。

お祭りの歴史

1991年エストニアやリトアニアとともにソビエト連邦から独立するも、ソ連崩壊以降の経済の混乱や2008年の全世界的な恐慌のあおりを受け、不況に苦しむラトビア。気分から盛り上げていこうと、ブロンド女性たちのお祭り騒ぎが、毎年行われる恒例行事として定着。年を重ねるごとに華やかさもアップ。スポンサー収益などは地域の児童福祉やリハビリ施設の建築などにあてられているそうです。

パレード

ブロンド美人が街中をパレードすることこそ、この祭りのメインイベントです。

旅行者の参加

見物はもちろん、参加することもできます。ただし条件は髪の色がブロンドであること。自毛でなくてもウィッグや染めても構いません。美醜は問わず、男性の参加も可能です。服装はピンクが主流ですが、青色や白色、黒色などブロンドに映える色ならOK。ひとりでも、家族や会社など団体での参加も受け付けています。

準備するもの

パレードに参加をするならブロンドの髪をご用意ください。祭りが開催される5月下旬以降は、昼間の気温が20度くらいまで上がり、晴れれば日本の初夏ぐらいの気候となります。ただ朝晩は冷え込むことがあるので、長袖や上着があると安心です。

現地の楽しみ方

■世界遺産の街「リガ旧市街」

ラトビアの首都「リガ(Riga)」は、ブレーメン司教アルベルトによる「リガ大聖堂」の建築に始まり、中世のハンザ商人たちによってつくられました。そのため「ドイツよりもドイツらしい」と言われる街並みが今でも残ります。

■リガに来たら絶対に立ち寄りたい「リガ大聖堂」

バルト三国で最大の規模を誇る「リガ大聖堂」。13世紀に建設が始まり、その後18世紀後半まで増改築が繰り返されたため、ロマネスク、ゴシック、バロックといったさまざまな建築様式が融合しています。内部にはおよそ7,000本のパイプを持つ世界で4番目に大きなパイプオルガン(1883年製)があり、毎日正午にコンサートが開かれています。また聖堂内を彩る美しいステンドグラスも必見で、これらを逃したらリガに来た意味がないとさえ言われています。

■破壊と再建の歴史を物語る「リガ城」

現在もラトビアの顔として、ラトビア大統領府とラトビア歴史博物館が置かれている「リガ城」。長い間、リガ市民とリヴォニア騎士団(ドイツ騎士団)との抗争にさらされ、破壊と再建を繰り返してきた軍事要塞。もはや創建当時の面影を見ることはできませんが、内部にはこの地方からの出土品や彫刻群などが展示され、その歴史を学ぶことができます。

■リガ最古の石造住宅「三人兄弟の家」

「三人兄弟の家」とは「ラトビア建築博物館」のこと。階段式の切妻屋根とゴシックの壁がんで装飾された15世紀の石造住宅の長男と、淡い黄色の外壁が印象的な17世紀のオランダ・マニエリスム様式の次男、そしてグリーンの外壁を持ち17世紀末のバロック様式の破風が特徴的な三男といった、それぞれの時代を表す三連の建造物です。中に入ればそれぞれの構造もよく分かり、ラトビア建築について知識を深めることができます。

■ラトビアの食文化

古くから海洋商業都市として栄えたラトビアですが、少し郊外に出ると農業も盛んで、地元産の野菜やハーブなどを使ったヘルシー料理が食べられます。中世以来ドイツの影響下にありましたので、ポテトやポーク、蒸し玉葱などドイツ料理に似た料理もよく食されます。当然、近代ソヴィエト連邦の影響も受け継ぎ、カフカス料理のシャシリクやチーズを詰めたパンのハチャプリなどもラトビア料理として供されます。飲み物ではライ麦と麦芽を発酵させたクヴァスが有名です。