ウルル フィールドオブライト

絶対行くべき世界の 体験・お祭り

オーストラリア

Field of Light

オーストラリア・エアーズロック

2020年12月まで

お祭りの特徴

「地球のヘソ」と呼ばれ、オーストラリアのシンボル的存在「エアーズロック」。高さおよそ350m、全長およそ3,400mの世界最大級を誇るこの一枚岩をとりまく砂漠一帯が、今、赤色や青色、黄色などおよそ5万球以上の電球で彩られています。夜空に輝く星がまるで地上に舞い降りてきたかのような幻想的かつ壮大なイルミネーションショー。この世界的に有名な光アーティストのブルース・ムンロ氏によるこのショーは2020年12月までの期間限定イベントです。

お祭りの歴史

エアーズロックの美しさに魅せられた英国人ブルース・ムンロ氏により2016年4月から始まったこのイベント。光源は太陽光(ソーラーパネル)。サッカーグラウンドおよそ4面分に散りばめられた電球が、日暮れとともに徐々に点灯していきます。1年間の期間限定でしたが、好評につき2020年12月まで延長されました。

パレード

パレードはありません。日没前後に出発し、イルミネーション観賞をします。ツアーによっては、サンセットを見たり、食事をしたり等が可能。

旅行者の参加

オーストラリア国内または日本の旅行会社から、ツアーをお申込みください。

準備するもの

砂漠地帯につきサンダルではなく、靴でお出かけください。また日没後のイベントにつき、かなり冷え込むことがありますので、長袖や上着があると安心です。

現地の楽しみ方

■オーストラリアのシンボル「エアーズロック」

世界最大級を誇る一枚岩の「エアーズロック」。しかも地質学者によると、地上に突き出ている部分は、およそ6億年前に地下で形成された巨大な砂岩のほんの1部にすぎないと言われています。古来からオーストラリアの先住民アボリジニの聖地として尊ばれ、現在登頂はかないません。しかしその雄大な眺望は、依然人々を惹きつけてやむことはありません。

■7つの聖地を巡るトレイル

エアーズロックの周囲には7つの聖地があり、その神秘のパワースポット巡りが人気です。トレイル(ウォーキングコース)では壁画や古来から続く儀式の催場を見て回ることができます。エアーズロックの中でも特に神聖な場所のため、写真撮影が禁止されており、訪問する人のみが味わうことのできる貴重な体験となることでしょう。

■36の奇岩群が並ぶ「カタ・ジュタ」

エアーズロックから西へおよそ30km行ったところには、「カタ・ジュタ(Kata-Tjuta)」と呼ばれる36の奇岩群が立ち並びます。エアーズロック同様、オーストラリアの先住民アボリジニの聖地として大切にされてきました。奇岩群を内側から楽しめるトレイルがあり、中でも谷を吹き抜ける風が奏でる美しい音色が聴くことのできる「バレー・オブ・ウィンズ(風の谷)」を歩くコースは人気です。

■砂漠のラクダと観賞する「フィールド・オブ・ライト」

フィールド・オブ・ライトの会場までバスで向かうツアーの他に、ラクダの背に揺られながらウルルとカタ・ジュタの砂丘をいくフィールド・オブ・ライトツアーもあります。この地特有の動植物を見た後、沈む夕日に照らされた赤い砂丘が、迫る暗闇とともに眩い光で包まれていくさまを、砂丘の上からご覧いただけます。オーストラリアの美味しいスパークリングワイン付き。

■オーストラリアの中央を縦断する

時間に余裕のある人は、オーストラリア第5の都市アデレードから、エアーズロックのあるノーザンテリトリー準州の州都ダーウィンまでを走る世界の高級列車ザ・ガン号(the Ghan)やレンタカーで、オーストラリア縦断の旅もおすすめ。緑の丘陵地帯から赤い大地を抜け、さらにはトロピカルな景色を楽しむことができます。