クリスマスマーケット

絶対行くべき世界の 体験・お祭り

ドイツ

Christmas Market

ヨーロッパ各地

11月下旬~12月24日

お祭りの特徴

ドイツやオーストリアのほぼすべての都市の広場で行われるクリスマス前の一大イベント。「アドベント (Advent)」と呼ばれるキリストの降誕を待ち望む期間に行われ、。教会の1年はここから始まります。広場の中心には華やかな電飾で飾られたクリスマスタワーが建ち、その周りを木造家屋のような屋台が囲みます。またメリーゴーランドや観覧車などの移動遊園地が設置されるのも、日本のお祭りにはないクリスマスマーケットの特徴です。

お祭りの歴史

もともとはキリストが降誕するクリスマスに向けて断食と悔改めを行う準備期間だったのが、夜が長く天気のよくない日が続く冬季に街の中心となる広場にクリスマスタワーを建て、華やかにライトアップすることで少しでも明るく気分を盛り上げようという動きに変わってきました。今では観光客向けのマーケットやイルミネーションが中心となり、簡単な食事やおみやげものを売る店が増えています。

パレード

開催場所により、イベントの内容は変わります。詳しくは現地のインフォメーションセンターへお問い合わせください。

旅行者の参加

クリスマスタワーやクリスマスツリーなどとともに飾られるモニュメントを見て回ったり、小物から食品までさまざまな商品が並ぶマーケットをゆっくり時間をかけて回りましょう。クリスマスツリーに飾る「オーナメント」は旅の思い出としてもおみやげとしてもぴったり。ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

準備するもの

期間中のヨーロッパは寒さの厳しい時期です。のんびりと回るためにも防寒対策をしっかりしてお出かけください。

現地の楽しみ方

■クリスマスマーケット発祥の地「ドレスデン」

15世紀から始まったと言われるドレスデンのクリスマスマーケット。その規模といい、飾りつけの華やかさといい、歴史の重みを感じます。大概のクリスマスマーケットが夜のイルミネーションに凝るところ、ドレスデンのデコレーションは昼間見ても可愛い。品揃えもクリスマスのオーナメントからニット製品、ドイツのマイスターが作った日用品の数々と、観光客ばかりでない地元の人たち向けの商品が並びます。

■世界最大のクリスマスマーケット「フランクフルト」

毎年世界中から何百万人もの人々が訪れるフランクフルトのクリスマスマーケット。世界で最も古く、規模も最大と言われています。街の中心であるハウプトヴァッヘから木組みの家が並ぶレーマー広場、マイン川岸までの広い範囲で繰り広げられ、普段の何倍も美しく飾られます。グリューワインや焼きソーセージ、レープクーヘンといった定番フードだけでなく世界各国のストリートフードが並ぶあたりさすがです。

■世界でもっとも美しいクリスマスマーケット「ウィーン」

市内に20ヶ所以上のクリスマスマーケットが立つ「ウィーン」。一番大きいのはやっぱり市庁舎前広場です。オーストリア国内から厳選されて運ばれてくる巨大なモミの木のツリーは、いやが応なくクリスマス気分を盛り上げてくれます。またもっとも華やかなのはハプスブルク家の夏の離宮シェーンブルン宮殿の前で開かれるクリスマスマーケット。夜にライトアップされた宮殿の美しさを味わいながら夢のようなひとときを過ごせます。

■中世の街並みに立つクリスマスマーケット「プラハ」

中世の美しい街並みが残る「プラハ」。観光地としても人気の高い「旧市街広場」にもクリスマスマーケットが立ちます。屋台は赤い屋根でほぼ統一され、街の景観をけして損ないません。晴れた日には広場に面して建つティーン教会の2つの塔が黄金色に輝き、音楽隊のパフォーマンスがあちらこちらに繰り出すあたりは、プラハならではの雰囲気ではないでしょうか。

■光りの道が導く5つのクリスマスマーケット「コルマール」

待降節「アドベント(11月30日にもっとも近い日曜日)」を迎えるとお祭りムードに包まれるのは、フランスもご他聞にもれません。フランス北部の街コルマールも、週末だけだった街のイルミネーションが連日灯され、市内の5ヶ所の広場(ドミニカン広場、ジャンヌ・ダルク広場、旧税関前広場、シス・モンターニュ・ノワール広場、コイフュス)で開かれるマーケットを結び、街路や建物に飾られたクリスマスデコレーションを照らしながら、「光の道」を作り出してくれます。