エディンバラ 国際フェスティバル

絶対行くべき世界の 体験・お祭り

スコットランド

Edinburgh Internatioanl Festival

スコットランド・エディンバラ

8月

お祭りの特徴

およそ3週間に渡り毎夜日替わりで舞踏、オペラ、音楽そして演劇界の豪華トップ・アーティストによるパフォーマンスを存分に楽しむ夢のような祭典。期間中はメイン会場である「エディンバラ城(Edinburgh Castle )」での公演はもちろん、街中のいたるところで大道芸人がパフォーマンスを繰り広げたり、芸術活動支援のためのワークショップや講演会など、幅広い文化的活動が行われています。

お祭りの歴史

初回は1947年。第二次世界大戦の余じんが消えやらぬスコットランドで、優れた芸術に触れることで豊かな文化的生活を手に入れようと、当時グラインドボーン音楽祭の総監督であったルドルフ・ビングやブリティッシュ・カウンシルのスコットランド代表ヘンリー・ハーヴェイ・ウッド、エディンバラ市民の有志たちが立ち上がりました。今ではスコットランド人ばかりでなく、世界中から観客を集め、世界で最大級の芸術祭となりました。

パレード

エディンバラ城駐留部隊によるパレード「ミリタリー・タトゥー」があります。基本はバグパイプとドラムを演奏しながらの行進となりますが、ときに外国からのコーラス隊や音楽隊を招待することもあります。パレードのクライマックスは、何と言ってもバグパイプの独演。ぜひお見逃しなく。

旅行者の参加

お好みのプログラムを見つけたら、劇場や会場に足をお運びください。エディンバラ城以外でも、「ザ・ハブ」や「アッシャー・ホール」「フェスティバル・シアター」などでさまざま催しものが行われています。出演者やプログラムは開催年ごとに変わりますので、最新の情報をこまめにチェックしておきましょう。

準備するもの

チケットは例年4ヵ月前くらいからインターネットや電話、ハブチケット窓口で販売しています。演目によっては入手困難なものもありますので、手配はお早めに。また期間中のエディンバラは比較的、晴天が続き過ごしやすい日が続きますが、朝晩は10度を下回ることもありますので、長袖や上着があると安心です。

現地の楽しみ方

■エディンバラのシンボル「エディンバラ城」

現代でもスコットランド第2の大都市とされる「エディンバラ」に、人が住み始めたのは紀元前9世紀前後と言われるほど歴史があり、「エディンバラ城」のもっとも古い建築物「セント・マーガレット教会堂」は12世紀初期とされています。多くの城がそうであるように、エディンバラ城もまた長きにわたり要塞として、エディンバラの街を守ってきました。セレモニー用ではありますが現在も駐留部隊がおり、城門の警護と日曜を除く毎日ほぼ13時に空砲を打つ「ワン・オクロック・ガン」が行われています。

■エリザベス女王の夏の住まい「ホリールード宮殿」

15世紀からスコットランド国王夫妻の住居として使われてきた「ホリールード宮殿(The Palace of Holyroodhouse)」。その前身である「ホリールード寺院(Holyrood Abbey)」では多くの戴冠式や王族の結婚式が執り行われてきました。エリザベス2世や王室メンバーの滞在がない場合、宮殿は一般に公開されています。

■エディンバラ城とホリールード宮殿を結ぶ「ロイヤルマイル」

エディンバラ城とホリールード宮殿を結ぶおよそ1.6km(1マイル)に及ぶ緩やかな石畳の坂道「ロイヤルマイル」。沿道には「聖ジャイルズ聖堂」や「スコッチウィスキーエクスペリエンス」などの観光スポットやカフェ、レストラン、おみやげもの屋が並び、観光客で大変賑わっています。いわゆるメインストリートにあたるロイヤルマイルだけでなく、左右に現れる細い路地「クローズ」も歩いてみると、さまざまな面白い発見があります。

■「スコッチウィスキーエクスペリエンス」でウイスキーテイスティング

4,000本近くの黄金色に輝くスピリッツが並ぶ世界最大のスコッチウイスキーコレクション(Diageo Claive Vidiz)を持つ「スコッチウィスキーエクスペリエンス」。その歴史や製造過程を学ぶばかりでなく、ウイスキーテイスティングとニューメイクスピリッツのノージングもお楽しみいただけます。また英国外では入手が困難な希少なウィスキーやウィスキーベースのリキュール類などを販売するショップもあり、旅の記念やおみやげにはぴったりです。

■スコットランドの食文化

スコットランド伝統料理と言えば、ジビエに代表される自然の恵みを活かした料理が主流です。歴史的に海外からもたらされる香辛料は使用せず、地元産の新鮮な野菜やハーブ、魚介類を使うのが一般的。それでも中世後期から近世にかけて、「古い同盟」と呼ばれるフランスとの文化交流があったため、全体的に洗練された味わいになっています。普通に美味しいスコットランド料理をぜひご堪能ください。