カーニョ・クリスタレス

コロンビア

地球上に散らばる 奇跡の 絶景・秘境

Caño Cristales

南米コロンビアにあるシエラ・デ・ラ・マカレナ国立自然公園を流れる全長100kmの川「カーノ・クリスタレス(Cano Cristales)」は、川の水がカラフルに変化する世界一美しい川と呼ばれています。またの名を「虹色の川」。世界中でこの地にのみ生息する固有種マカレニア・クラビヘラという水草が、川の水位と水温の上昇によって赤色や黄色、緑色などの色鮮やかな花を咲かせ、あたかも川の水が変色したかのように見せてくれます。

花の開花時期が乾季から雨季への季節の変わり目とあって、天候も目まぐるしく変わりやすく、時には雨による突然の増水でひざぐらいまでの深さの川を渡らなければならないこともあります。しかし、自然が生み出した唯一無二の現象は、一見の価値があります。マカレナ山脈 (Serranía de la Macarena)のふもとの町マカレナ (La Macarena)からボートと4WDを駆使してやっとたどり着ける、まさに手つかずの秘境ならではの絶景です。

シーズン

川の水が変わるのは、乾季から雨季へと変わる9月から11月ころの数週間のみ。それ以外は、透明度の高い普通の川です。

行き方

最寄り空港はラ・マカレーナ空港。日本からコロンビアへの直行便はなく、北米の都市を経由し、さらにコロンビアの首都ボゴタのエルドラド空港で乗り継ぐのが一般的。 ラ・マカレーナ空港からカーノ・クリスタレスまでは車でおよそ1時間半。

その他見所

​コロンビアの首都ボゴタもまた世界各国から観光客が訪れる人気のスポット。コロンビア出身のアーティスト、フェルナンド・ボテロの作品がずらりと並ぶボテロ美術館では、世界的に有名な作家の作品も無料で鑑賞することができます。

旅のテクニック

2017年10月現在、周辺の町や川は紛争地帯として軍の規制の対象地区になっているため、日本の外務省からカーノ・クリスタレスのあるメタ県に「渡航中止勧告」が発出されています。観光客はあまり見られず、外国人が訪れるには安全のためツア-で行くしかなく、最高でも4人までの少人数でしか催行出来ない決まりとなっています。旅の計画を立てる際は、最新の情報をこまめにチェックしてください。