​​白神山地

日本の景色 100選

青森県

青森県  白神山地

(Shirakami Sanchi)

青森県南西部と秋田県北西部にまたがるおよそ13万haに及ぶ広大な山地帯「白神山地」。人為の影響をほとんど受けておらず、多種多様な動植物が生息する世界最大級のブナの原生林があります。まさに次世代につなぐ世界の宝。入山マナーを守って豊かな自然を未来に残しましょう。

ベストシーズン

森の女王ブナは落葉広葉樹。紅葉シーズンには素晴らしい景色とふかふかの落葉の心地よさが堪能できます。例年の見ごろは10月中旬~下旬となっています。なお冬季は通行止めや閉鎖される箇所がありますので、よくご確認の上、入山してください。

行き方

最寄り空港は青森空港。白神山地までは車でおよそ1時間11分です。また東北・北海道新幹線はやぶさをご利用の方はJR新青森駅で乗り換えJR弘前駅で下車。JR弘前駅から白神山地までバスが連絡しています。所要時間はおよそ55分です。

現地の楽しみ方

■散策・登山コース

白神山地には気軽に壮大な自然美を味わえる散策コースとじっくり雄大な自然を体感できる登山コースがあります。ルートの整備が十分でないところもありますので、ご自身の体力に合わせてお選びください。ルートによっては届け出の必要なところもあります。

■十二湖(Juniko)

青いインクを流したような神秘的な水の色で有名な「青池(Aoike)」を筆頭に、大小33の湖沼が見られる「十二湖」。名前の由来は、江戸時代の大地震による山崩れによってできた崩山(くずれやま)から眺めると12の湖沼に見えるから。なお崩山南方の肩に、十二湖と日本海が一望できる絶景ポイントがあります。

■乳穂ヶ滝(におがたき/Niogataki)

高さおよそ33m、水量が少なくさらさらと雨がふるような滝で、厳冬期になると凍り付いて1本の柱になります。2月の第3日曜日にこの氷の太さなどで米の作柄を占う藩政時代からの神事が行われています。 雪解けシーズンには比較的水量が多く、冬とはまた異なった滝の姿を見ることができます。白神山地ビジターセンターから車でおよそ3分、下車して徒歩およそ2分。

■美山湖(Miyama ko)

美山湖(みやまこ)は目屋ダムで堰き止められた人造湖。青森県の春紅葉のポスターに採用されている景色だけに、春の入山がおすすめ。白神山地の透き通るような雪解け水を蓄え、腰まで水没したシロヤナギの薄緑色、川岸にはピンクの花を付けたオオヤマザクラなどの広葉樹が湖面に映り、白神山地の山々が遠望できます。人気のビューポイントは美山湖展望所、砂子瀬橋、大沢橋です。白神山地ビジターセンターから車でおよそ10分。

■ご当地グルメ

「十二湖」を散策したら、ぜひ茶室「十二湖庵(Juniko an)」に寄りましょう。白神山地の清らかな湧き水を使ったお抹茶がいただけます。白神山地の水は余分なミネラルを含まない非常にまろやかで柔らかなのどごし。この水だけでもお土産になるほどの美味しさです。

 

​※観光局・お問合せ先

白神山地ビジターセンター:http://www.shirakami-visitor.jp/inquiry.html